スタッフ紹介

家を建てるのは一生の仕事。

だから、「失敗したくない。」それは誰もが思うこと。

「安くて良い家に住みたい。」それは誰もが願う事。

あなた様の望むご予算で。家づくりが成功するようお祈りしています。

代表取締役 小池明弘

元気のでる家づくり。

“夢”や“希望”の持てる家づくり。

お客様にとってベストな選択ができるよう誠心誠意アドバイスさせて頂きます。

小池まり子

職人紹介

コイケ技建

大工工事を担当している坂本です。

耐震性に問われる現在では、現場に直接携わっている私達にとって「確かな仕事をする」という事はもちろんのことですが「デザイン性・機能性・暮らしやすさ」という部分でも施工側からでもできる事はあると思います。

例えばお客様が現場に来られた時には直接お話をさせて頂きお客様の考えやイメージを正確に聞取り、施工側である私たちがしっかりと理解することで初めてお客様への心からの配慮が出来ると思っています。

施工技術を持つ事はもちろんですが「お客様を知る」ことも同じように大切な事だと感じております。

こんなささいな事の積み重ねがお客様にとって「理想の暮らし」につながっていけば私達も嬉しく思います。

コイケ技建

大工工事を担当している宮本です。

作業では、初めの段階から仕上がりの状態をイメージし、納まりを考え作業を進めています。

納まりの良い家は見た目も美しく使い勝手も良いのです。

1軒を仕上げるのは大変な苦労もありますが、施主様が笑顔で「有難うございました」と声を掛けてくれた時が私の喜びです。

これから家を建てる方は、自分の目で見て・感じて・信頼できる建築業者を選択することが大切です。

新井電気工事

電気工事を担当している新井と申します。

作業では、スイッチ、コンセントの配置や使い勝手には特に気を使っています。

照明の配置や明かりひとつで美しい建物を、さらに演出したりくつろぎの空間が楽しめるんですよ。

この仕事をしていて御施主様がやすらぎ喜んで頂けた時は、本当に嬉しい瞬間です。

これから家を建てる方は、色々な夢を形にできる建築業者をさがす事が大切だと思います。

江田板金

屋根及びトイ(板金工事)を担当している江田です。

いい加減な仕事をすると(雨もりなどにより)大切な家を台無しにしてしまうため、丁寧に仕事をしています。

お客様に感謝された時はとても嬉しいですね。

これから家を建てられる方は、将来に渡ってアフターサービスの良い信頼できる建築会社を選ぶ事が1番だと思います。

上林塗装

塗装工事をしている上林です。

建築工事、最終工程の塗装工事は、すべての出来栄えを左右する、重要な作業ですので、常に丁寧な工事を心がけております。

自分でも満足・納得のいく仕上がりを見る気分は本当に最高です。

家の塗装メンテナンスは7~10年位の早目が長持ちの秘訣です。

井深木工

障子・襖などの建具を作っている井深です。

作業の際、一番気を使うポイントは建付けを合わせてスムースに動き納まりの良いように作ることです。

簡単なメンテナンス方としては、敷居などに潤滑スプレー(CRC556)などをかけてやると片手でスイスイ動くようになります。

一度試してみて下さい。

この仕事を続けていて嬉しい瞬間は、やっぱりお客様に気に入ってもらい、喜んでもらった時です。

これから家を建てられる方はしっかり要望を聞いて、丁寧に対応してくれる業者をさがす事が大切だと思います。

インテリアコスゲ

内装工事を担当している小菅です。

仕上げ工事は、お客様に一番先に目が行く部分ですので、仕上がりが美しい様に丁寧に作業しています。

クロス貼で仕上げを左右するのは下地の処理(パティ工事)で決まります。

クロス見本帳で選ぶ際、壁に貼ってみると意外と明るく見えますので、このあたりに気をつけながら選ぶといいですね。

この仕事を続けてきて良かったと思えることは、空間が美しく仕上がり、お客様に満足して頂く時。

それが一番嬉しい瞬間です。

家を建てる時は、建物が完成して終わりではありません。

アフターフォローのしっかりした、一生付き合える業者さんを選んでくださいね。

アライ住設工業

水道設備や浄化槽工事をしている佐藤です。

秩父市においては、冬の温度低下などによる凍結などが最も気を使うポイントのひとつです。

そのため、水抜きをしやすい方法なども考慮して工事するよ心掛けています。

新築の際は「健康であっても年は重ねるもんだ」ということを忘れずに、使いがってのよい水周り設計を納得の行くまで追求されるといいですね。

ページトップへ戻る